rainbow

好きなこと、色々かきます

変化を受け入れられなくとも、時は過ぎていく…。『銀の森のパット』を読みました!


 こんにちは

 

 

palette-7.hatenablog.com

 『銀の森のパット』を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀の森のパット (角川文庫) [ モンゴメリ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/8/9時点)

楽天で購入

 

 

 最初にびっくりしたのは、「パットに家族がいる」ということ。

 アンは(from『赤毛のアン』)は家族がいない、エミリー(from『可愛いエミリー』)は物語が始まってすぐに孤児になった、ヴァランシー(from『青い城』)は親がいることはいるけど…。

 

 今まで読んだモンゴメリ作品では初めて見た(アンの末娘、リラは除く)、いわゆる普通の家庭で育ったヒロイン。

 両親がいて、兄弟も4人いて(パットも含めて5人)、伯母さんもいて、ジョディ(傍から見たら召使いだけど、家族の一員)もいて。

 

 そして、私が思うこの作品の最大の魅力は、パットは変化を嫌うということ。それなのに、時はあっという間に過ぎていくということ。

 パットの望みは今のまま「銀の森屋敷」に住んで、両親、兄弟、ジョディとずっと一緒にいること。変化が嫌だから友達も恋人もいらない。

 なのに、冒頭で7年間末っ子だったパットに、妹が誕生。
 大好きなおばさんが結婚する。大好きな(2番目の)お兄さんに恋人ができる。
 親戚の家に行く、家に帰ろうとして森で迷子になる。迷子になった時助けてくれた男の子と気が合い、お互いに初めての友達となる。
 大好きなお姉さんが親戚の養女になるかもしれない。
 親戚の家に行ったとき、出会った女の子と目が合っただけで無二の親友になる。
 お父さんが髭を剃る。大好きなお姉さんが髪を切る。
 お姉さんが大きくなったら宣教師になって、インドに行くと言い出す。猫が亡くなる。
 自分が不細工だと気付く(←違います)。友達の男の子の、夢が幻滅する。
 (1番上の)お兄さんが家出して、船乗りになる。
 親友が亡くなる。お姉さんが結婚する。

 

 時が瞬く間に過ぎていくのに、日々が鮮やかに書かれている。そしてどんどん変わっていくのに、変わらないものもある。

 

ああ、ベッツ、毎年毎年、こうやって日が過ぎていくのね……そして、変化が訪れるんだわ……ベッツ、あんたは誰かと結婚して、あたしから離れていってしまう。
ベッツ、それを考えると、あたし、死ぬほどつらくなるわ。ああ、ベッツ、あたし、とても耐えられない

 

 

 『銀の森のパット』、お薦めです。

 

x