rainbow

好きなこと、色々かきます

『青い城』を読みました!(2周目)

 

 こんにちは

 

 モンゴメリの『青い城』を読みました!

 2周目です。

palette-7.hatenablog.com

 

 この時に予約して、先々週読みました。

 

 

 以前、書いた感想は…。

ずっと,生きているけど,死んでいるような生活を送って来た,ヴァランシー(29歳)が心臓病で余命一年の宣告を受けます。

ヴァランシーは「本当に死ぬのは,やだ!」みたいな感じで,本当にやりたかった事に挑戦します。

髪型を変えたり,結婚したり,引越したり,勇気を持って発言したり。

 

「本当に死ぬのは、やだ!」じゃない気がしてきた。「死ぬのが嫌」というより…なんだろう?生きたい…幸せになりたい…?

 

 ヴァランシーが死んでいたような生活を送ってきた理由は、「毒親」…圧政するタイプのフレデリック夫人のもとで育ったから。
 フレデリック夫人はヴァランシーを愛してはいない。なぜならヴァランシーは「男の子」でない上に、「美人」でもないから。
 ヴァランシーの美点はことごとく潰され、「みっともない」と言われ続け、美人でなんでも出来る従妹と比較され続け…。

 おまけに「ドス」と呼ばれている。カナダでの印象は知らないけど、日本語を母語とする私にとっては物騒な渾名としか受け取れない。「ドス」だよ!犯罪臭漂う渾名

 

 で、余命1年と診断され…。

 

 その後、引っ越して、死にかけている親友の看護に行ったり…。その親友、幸薄だったんです。

 その親友は彼女のことをこう言いました。

ああ、ヴァランシー、あなたはあたしにとってかけがえのない人よ。
とても口では言いつくせないわ―でも、神様があなたを祝福してくださるわ。きっとそうよ―

"あなたにふさわしい方法で" ね

 

 このあと、親友は亡くなり、ヴァランシーの人生は更に変わっていくんです。良い方に。

 

 そんな話。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青い城 (角川文庫) [ モンゴメリ ]
価格:792円(税込、送料無料) (2022/9/27時点)

楽天で購入

 

x