rainbow

好きなこと、色々かきます

「明日」の意味を考えてみた! #赤毛のアン

 

 こんにちは

 

 現在、コツコツ買い集めているアン・ブックス。
 松本侑子さんの訳で『赤毛のアン』『アンの青春』『アンの愛情』をほぼ同時に購入。『風柳荘のアン』『アンの夢の家』『炉辺荘のアン』は1年に一冊、出版されるので、その時に買いました。

 赤毛のアン』『アンの青春』『アンの愛情』『風柳荘のアン』『アンの夢の家』『炉辺荘のアン
 来月『虹の谷のアン』が発売されるので、楽しみです。

 

 さて、今回考えてみるのは、「明日

「明日」とは、『風柳荘のアン』に登場する「小さなエリザベス」が待ち望んでいるもの。

 

 風柳荘とは、今作でアンが下宿している家。
 小さなエリザベスは、そのお隣さんの孫娘。裕福だけど、愛情を注がれずに育った8歳の女の子です。

 

 そんな小さなエリザベスが夢見続けているのが、「明日が来ること」

 

明日」ってなんだ?

 

 定義的には、

今日の次の日。

(by.goo辞書)

 うん、知ってた。

 

 原語で読んだら分かるのかもしれないけど……。「明日」と訳したのには必ず意味があるはずだから、日本語脳で頑張ろう。

 

 明日、明日…。

 そう言えば、「明日やる」は、「もうやらない」とほぼ同義語だって聞いたことがあるんですよ。
 なぜなら、「今日」やりたくないから「明日」にする理由じゃないですか。でも、明日になった頃には、もう「明日」じゃなくて今日。今日はやりたくないんだから、やるかい!だからダイエットは捗らない。つまり、「明日」は来ないようなもの

 

 

 じゃあ、エリザベスが待っている「明日」は…。を掴むことを、夢見るようなものか?

 だとしたら……切ないし、可哀そう。希望の欠片のようなものがあるとしたら、「雲はあるから、いつかは雲に触れることが出来る」ということくらいか。

 

 

 

www.youtube.com

 少なくとも、エリザベスは、小さかったころの私みたいにヤンチャではなかっただろうな。小さい頃なんか跳ね回る黒歴史メーカーだったし、団子虫やら蝶々やら捕獲し放題だったもんな。

x