rainbow

好きなこと、色々かきます

MENU

『ナルニア国物語』に登場するサンタからの贈り物は、スーザンへのヒントだった!?

 こんにちは

 

 この間、『ナルニア国物語(映画)』の一作目を視聴しました。

www.youtube.com

 小さい頃から何度も観ていた映画。原作本(7巻)は何度も読破。だから、先の展開は分かっているのに、素直にハラハラしてました。

 

 

贈り物

 中盤にサンタが登場し、(長男)ピーターにはアスランの紋章のある剣と盾。*1(末っ子)ルーシーには万能薬と探検。

 そして、(長女)スーザンには百発百中の弓矢と、吹けば立ちどころに助けが現れる角笛

 

ふと思ったのは「これ伏線だったんじゃないの?」

 

※以下、原作最終巻のネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終巻の(スーザン関係の)簡単な説明

 兄弟たちと同じく、ナルニアで国王・女王として君臨していたスーザン。2作目にて、ピーター共々「もうナルニアに戻ることは出来ない」と告げられ、あとはイギリスで暮らしていました。

 その後、ナルニアで過ごしていた頃のことを「子どものころの遊び」と称し、ファッションやら男の子との遊びにしか興味を示さないようになったんです。

 

 

 原作の7巻(最終巻)にて、今までのナルニアは滅び、本当のナルニアが現れました。
 更にスーザンを除く兄弟と両親はイギリスにて鉄道事故で亡くなりました。

 ピーター・エドマンド・ルーシーはこれからは本当にナルニアで生きていくことに。

 

 

思ったこと

 これを受けてか、Googleで「ナルニア」と調べると検索候補で「スーザン かわいそう」と出るんです。

 

 でも、堕落したことは一旦置いといて、スーザンだけが生き残ったことには意味があるはず勧善懲悪として他の乗客と同じ道を辿るルートもあったはずなのに。

 

 今思いついたヒントは3つ。

 

(原作)一巻のラストで教授が言っていた言葉

もちろん、きみたちは、またいつか、きっとナルニアに戻れるよ。

いちどナルニアの王たり、女王たりし者、常永久にナルニアの王にして、女王になるべし、といったじゃないか。

岩波少年文庫

 

 ある読者さんからスーザンについて聞かれた際、c.s.ルイスがこう答えたそうです。内容はうろ覚えです。

「スーザンは他の兄弟とは違う方法で、まことのナルニアに行く方法を見つけるでしょう」

 

 サンタから貰ったものは「吹けば立ちどころに、助けが現れる角笛」

 

 

 

 

 スーザン、突然家族を亡くして、どん底にいるのかもしれない(精一杯言葉を選んだ結果)

 でも、いつか兄弟や従兄弟が楽しそうに話していたナルニアアスランのことを思い出すかもしれない。

 そして、昔のようにアスランに助けを求めるかもしれない。

 

 

 あれ?私が思うこのルートでのハッピーエンドは、「スーザン かわいそう」と調べている方々にとってもハッピーエンドなのかな? 私はクリスチャンだから…。

 

 

 そう言えば、あの角笛をスーザンが所持していたのは1のころだけだったな。

 

『1』本当によく出来ていたなぁ…。小さい頃見ても面白かったけど、数年ぶりに見ると、ピーターの葛藤が伝わってきたぜ。

 

 結局どちらの会社がやるのか分からないけど、『ナルニア』の続きを映像化して下さい!生きているうちに見たい!

 ただ、『2』は気味が悪いから苦手なんだよ…。

*1:(次男)エドマンドはその時、敵方にいたのでなし

x